絵本で くつろぎ た〜いむ


長い梅雨が明け、一気に気温が急上昇。暑さで疲れた時は、涼しいお部屋でこんな絵本はいかが?

NY在住の絵本作家 カズコ G ストーンさんの魅力的な絵本の中から、”夜空を楽しむ” こちらの3冊を紹介します。

*「はなび どーん」 童心社

シュルシュルと夜空をかけのぼる白い線。ページをめくると、リズムよく、次々に炸裂する花火のなんとも美しいこと。思わず「わぁ~!」と声が出てしまいます。赤ちゃんから楽しめる絵本です。

*「おやすみ クマタくん」福音館書店

夜8時、ハト時計が鳴っています。まだまだ遊んでいたいクマタくんに、ママが優しく語りかけます。「クマタくんがねないと、まくらや毛布やベッドが逃げてしまいますよ。」

「どこへ?」と聞くクマタくん。ママのこたえは、ほのぼのとした、ユーモラスな空想の世界から、心地よい眠りへと導いてくれます。対象:2才~

*「おやすみ わにのキラキラくん」

いぬい ゆみこ 訳/ 福音館書店

わにのアリゲーは、ハンモックの上で夜空に光る星をつないでいました。すると、わにのかたちになりました。キラキラくんと名づけると、流れ星のようにアリゲーのもとに下りて来ました。ふたりは動物たちが眠るジャングルを通りぬけ、草むらの虫たちや池の中の魚たちを観察しながら、夜の散歩を楽しみます。見開きいっぱいに広がる夜空と草原の色合いがとても美しく、なんだかいい夢が見れそうな、おやすみ前におすすめの絵本です。対象: 4才~